Top > P.F.ドラッカー

Tag: 人物 仕事  

P.F.ドラッカー
1909年オーストラリア生まれ。ドイツフランクフルト大学在学中から、経済記者などを経験した後、渡米。米ニューヨーク大学教授などを経て、1971年、米クレモント大学大学院教授。
現代経営学に多大な影響を与え続けた。著書に『経営者の条件』、『現代の経営』等
  • マネジメントとは、まず時間を管理することである。

    目の前に一週間という時間があるとする。さっそく計画を立てるところから始めるのが普通のやり方である。しかし、計画が実行された試しはない。
    そこで、この一週間がどう消費されているかを記録するところからはじめる。記憶に頼らずリアルタイムで時間の使われ方をチェックし続ける。かつ最低でも年二回ぐらい、三四週間分の記録をとるべきである。

  • 参考リンク
    • 日常改善のこつ
    1. 何に時間が使われたかをリアルタイムで記録する。
    2. 優先順位をつけるのと同様に、劣後順位をつける
    3. 分析ではなく、勇気を持って捨てる決断をする。
    • 優先順位の法則
      1. 過去ではなく未来を選べ。
      2. 問題ではなくて、機会に焦点を合わせよ。
      3. 横並びでなくて独自に方向を決めよ。
      4. 無難で容易なものではなくて、変革をもたらすものに照準を高くして合わせよ。

蔵書

  • マネジメント
  • 仕事の哲学

Wikipedia:P.F.ドラッカー


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 26 Sep 2011 02:47:09 JST (2579d)