Top > MyPC

PCの購入履歴

個人的に、PCは非常に好きでよく買っているし、他人が壊したPC等ももらってきて直して使ったりしている。かなり金をつぎ込んでいるジャンルになる。
発展・進化が著しいPCに関して、これまでどういったものを買ってきたのかを綴って、思い返してみたい。

Table of Contents

パソコン

1998年 Vaioノート

親父に大学に張ったときに、初めてSofmapで買ってもらったやつ。

Windows98の製品で、初めてのパソコンでぜんぜんパソコンというものを使いこなしていなかった。
幕末維新伝や北斗の拳のタイピングソフトをやったりした思い出と、当時はISDNとかモデムで電話回線を通じてインターネットにつなぐ状況で高額な請求がきて、支払い拒否をしてなんとかしのいでいた思い出がある。
今思うと買ってもらって当然ぐらいの気持ちでいて、両親に対して感謝が足りていただろうか?改めて、両親に感謝したい。
ワードファイルで文章が打つのがやっとな状態だった。E-mailをはじめて使い出して、大学で知り合った人とメールをやり取りするのが本当に楽しく、新鮮だった。

2002年 ドスパラ Primeノート

パソコンに詳しいシゲに相談して、買ったWindowsXP機。
当時、排出権取引を行う環境新鋭の会社にインターンに出ることになり、金はなかったがインターンで必要で、生意気にも給料をもらっていて買ったやつだ。
CPUはIntel Pentium4の2.4G。当時非常に高速なPCを買ったと満足していた。確かに早い。しかし、メモリーは256Mで、ハードディスクは60Gぐらい。
2010年現在でも、家で生きている。
すぐ熱くなるのが欠点だったが、これにXPとOfficeXPを導入してがんばって地道にエクセルファイルでべたうちをしたりして、使っていた。
DVDを読み取りできるが、焼く事はできないことなどを知らずに、DVDを借りてきて、なぜ焼けないのか??等悩んだりしていた。
インターンの後任で来たウッチーはパソコンに詳しいやつで、すごい仕事ができた。おれもこいつみたいに詳しくならなくちゃいけないなぁと思っていたときかも。

あと、寮でAge Of Empireをみんなでよくやったっけ。

2003年 自作 デスクトップ機

インターンの前後だったと思うが、時期がはっきりと思い出せない。大学の寮に帰ってきた。
PCに詳しい寮の友達に、もっとAge OF Empireがやりやすくなるように自作パソコンを作りたいと相談した。そしたらやつは簡単だよ~といってくれて、PCをいろいろと教えてくれた。

京都川原町の電気街に繰り出して、ドスパラとかでパーツを買い集めた。
価格.comで安いパーツを買い集めた。
3000円のマザーボード(ASUSのMicroATXだった。)
Athronの2.6Gぐらいの当時安かったCPUをかって、作った。PCケースとマザーボードが設置していて、ショートして煙を吹いて焦げ臭いが立ち込めたりしたが、PCは順調に動いた。
モニターは大学で捨てられていたブラウン管のモニターを使った。今思ってもでかくて重いが、ブラウン管のモニターは発色がきれいだ。

こっから、パソコンに詳しくなってた。
まず、マザーボードに電源が入って、Biosが立ち上がり、ハードディスクにアクセスしてOSの情報をメモリ上に展開して、パソコンが動き始める。電源を押して、ハードディスクにアクセスする音がわかるようになると、ここはパソコンがここにアクセスして、いま展開しているところなんだなぁとか、ようやく仕組みがわかるようになって来た。

2003年 自作 デスクトップ機 (祖母、実家用)

作れるようになると、秋葉原にでるのも面白くなってきた。安いパーツがあると買ってきてしまって、家でデスクトップを必要としていたので、二台自作した。どちらも3万円台にモニターで1万円ぐらいだったと思う。

これは津田沼の祖母の家にいるときは、本当に役に立った。
しかし、実家のPCはウィルスまみれになったりとかいろいろと問題で、なれない人が使う場合は正統派のメーカー製でウィルス対応ソフトの対応期限が切れずに、自動更新されるものじゃないと思った。

2005年 Let's Note

ようやく就職。初めてのボーナスでLet's Noteを買った。
当時は、ノートパソコンといえば、俺から言われせれば、略二択。VaioかLet's Noteだ。このころになると、パソコンにはずいぶん素人目には詳しくなってきていて自分で選択した。また、PCに関しても友達から相談を受けることが多くなってきていた。

Vaioはいろいろと余計なソフトがついていることや独自企画が多いことから、性能や見た目の薄さはよさそうだが、結局丈夫で基本的な性能に問題がないLet's Noteを使った。
これは名作だった。
こいつは2010年3月現在でも動いている。
個人的には一度ハードディスクを交換して、Memorryをめっちゃ積んでまた使えるようにしたいと思うけれども、いかんせんOSのCD等がどこかに行ってないので、どうしようかなぁと悩んでいる。
2008年12月まではまったくそん色なく、使えた。今思うとXPというOSが結構優れていたのだと思う。

2007年 工人舎

これは失敗だった。工人舎が悪いのではなく、Vistaが悪いのと、その後ネットブックなるものが大流行して、非常に安くなることでも問題だった。
売りたいが、パソコンを売るのは結構勇気がいるので、どうせ1万円ぐらいにしかならないなら、そのリスクをとりたくはないということでまだ残っている。

2008年 Vaio 

VGN-TZシリーズと書かれていて、おそらくスペックは以下だ。
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/TZ1/spec.html
Vista搭載機というのがやはりくそで、WindowsXPに入れ替えることを検討中。
スマートなデザイン等は気に入っているのだが。

Vaio TypeTのXP化

2011年9月 その後Windows7をインストール。

2010年4月 DELL Studio XPS 8100 → 2011年9月 CPUかマザーボードの故障

自作するかなぁと思っていたが、DELLが圧倒的に安かった。
もともとはドスパラの水冷式を購入しようと思っていたが、安さとPCケースがよさそうだったので、こちらにした。

  • Studio XPS 8100 モニタセットパッケージ 14万円
    • Windows(R) 7 Home Premium 正規版 (日本語版) 64ビット
    • CPU:
      インテル(R) Core(TM) i7-860 プロセッサー (2.80GHz, 8MB L3 キャッシュ)
    • キーボードマウス:
      デル USBマルチメディア日本語キーボード (ブラック&ホワイト) & レーザーマウス (ブラック)
    • メモリ: 8GB (2GBx4) デュアルチャネル DDR3-1333 SDRAM メモリ
    • グラフィック: NVIDIA(R) GeForce(R) GTS 240 1024MB (DVIx2/TV-Out付)
    • ハードディスク: 1TB SATA HDD (7200回転)
    • OS: Windows(R) 7 Home Premium 正規版 (日本語版) 64ビット
    • 光学ドライブ: ブルーレイコンボドライブ
      (Roxio(R)Easy CD & DVD Burning 10 DE 付属)
    • サウンド: Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium サウンドカード
    • スピーカ : Logicool Z-4スピーカーシステム(2年間保証)(A2210083)
    • モニタ:三菱製27インチワイト゛TFT液晶モニタ(フ゛ラック)RDT271WLM(BK)
      (3年保証)
    • マルチメディアソフト: Cyberlink Mediashow Espresso Lite
    • 保証プラン: 標準 - 1年保守 [出張対応による修理]
    • デルデータセーフオンライン: Dell DataSafe(TM) Online 2GB 1年間
    • PCリサイクルマークシール あり
    • BELKIN製 Microsoft Windows7用かんたん引越しケーブル#F5U279JA

単品であれば、いらないサービスがたくさん着いているが、それを含めても自作よりも安かったので、購入した。

  • 増設記録
    • ハードディスクの増設 7000円×2
      2TB×2を行い、合計5TB (いまやHDといえば、Western Digital:WD20EARS (2TB SATA300))
    • 地デジチューナーを装着  15000円
    • グラフィックボードの変更 GradeDown 3000円
      NVIDIA(R) GeForce(R) GTS 240 1024MB (DVIx2/TV-Out付) → GIGABYTE GV-R455D3-512I (ATI Radeon HD 4550、メモリ:GDDR3 512MB、出力 DVI-I、HDMI、D-Sub、ファンレス)
      変更して正解。ゲームをそこまでやらない。地デジレベルの動画は滑らかに再生される。ファンレスなので、かなり静音性が高い。実感として、性能が落ちたと感じない上に、確実に静かになったのでかなり気に入っている。
    • メモリーの増設(予定)7000円×2
      CFD W3U1333Q-4G [DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組] × 2で16GBでいいだろう。Studio XPS 8100との相性は、CFD製2Gが問題なく動作しているとネットに載っていたから(ここ)、おそらく大丈夫だろう。
  • 約一年後にSandy Brigdeが出るなら、DELLで買わなかったのになぁと思いつつ。約一年半後に壊れた。はじめはHDDのクラッシュを想定したがHDDは壊れておらず、メモリでもなく、電源でもなかったことから、マザーかCPUの故障だと考えた。まったく壊れるのが早すぎる。もう二度とDELLは買わない。
    すでにLGA1556の寿命はきており、今はSandyBrigde以外の選択肢はないと思われることから格安にマザーボードにCPUを組み合わせて、復活させることを検討する。
    H61チップセットのマザーを持っているので、Core i3 2125(Intel® HD Graphics 3000であるところがポイント。おそらくHDエンコードと、動画の同時再生をする際に効果を発揮するに違いない。)

地デジ録画機が欲しい

2010年5月 自作検討メモ

週アスで自作機リストを見ていて、気に入ったスペックがあったので、自作検討をもんもんとしている。

CPU
AthlonⅡ X2 250 (3GHz)>
デジタル3波のダブルチューナーで、視聴しながらダブル録画しても他のソフトを同時に動かせるぐらいの性能がある。6,619円。
マザーボード
785GM-P45 MSIコンピューター
低価格な785Gで、SATAが6ポートあることがポイント。ハードディスクを思う存分増設出来る。5,855円。
オンボードグラフィック チップセットRADEON HD4200
メモリー
W3U1333Q-2G(PC10600DDR3 2G×2枚)
10,280円(2010年5月)
PCケース
XIGMATEK ASGARD(ATX)
ネジ無しでHDDを簡単に固定できるところがミソ。
Nine Hundred Twoもいいかなぁ。→B001O6VC10
  • 電源 CORE POWER3 500W
    BULL-MAX KT-520RSでもいいか。

2011年5月 地デジ録画機 検討メモ

320GB HDD内蔵 ハイビジョンレコーダー VARDIA RD-S304K(家電参照)を買い、この一年間我慢してきたが、以下の2点で買い替えを検討した。
①起動速度の速さがPCに比べて、専用機のメリットだと思っていたが、遅い。
②ユーザーインターフェースが使いにくい。変更できない。
③Aviファイル等でエンコードした動画等を見ることができない。
④ハードディスクの拡張がPCのほうが楽。

このVARDIAはソフマップかなんかで売るとして、現状考えている選択肢は以下二つ。
 1.TORNEに変更する。(PS3とセットで三万五千円くらいか)
 2.自作

トルネはサクサク感がいいらしいけど、プロコンを考えると、“PS3で遊べる”+”サクサク感” VS “③”“PCならではの拡張性”というような形になるだろうか。
取り敢えず、現状の値段やスペックを確認する。

  • CPU Athlon II X4 Quad-Core 640 BOX 3000 MHz :¥8,050
  • MB ASUS M4A88T-M/USB3 ¥8,163 ,M4A88T-M LE : 5600円、もしくは、MSI 785GM-P45
  • MEMORY 既存のCPのを代用(既存2G×4→4G×4)
    W3U1333Q-4G [DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組] ×2 6915×2=13,850円也
  • 光学ドライブ DVR-S7260LEBK 3000円
  • 電源 PoweRock 500W GE-N500A-C2 4000円 (ATX)
  • HD 2TBのウェスタンデジタル 6700円
  • チューナー PT2というのがいいらしい? 16000円
    http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/upload.cgi
    http://ubichupas.blogspot.com/2010/12/pttimer.html
  • モニターはテレビ。キーボードマウスは無線式のものを今度買う。

購入メモ

2011年6月 地デジ録画用パソコン 自作46,000円

CPU Intel Core i3 i3-2100T 2.5GHz 3M LGA1155 SandyBridge :10,870円
②マザーボード : ASUS P8H67-V REV 3.0 : 10,000円
 http://www.asus.co.jp/Motherboards/Intel_Socket_1155/P8H67V/#download
③メモリ 2G×4 使い回し
④PCケース ZALMAN Z9 Plus : 5000円
電源ユニット 3,000円
I-O DATA 内蔵型DVDドライブ DVR-S7260LEBK 2,990円
Windows7 20,000円 キャンペーンにつき△5,000円
計4,6000円か結構かかったな。

電源ユニット W500-SA 3,000円 80PLUS 良質な電源がこんなにも安い価格で。
ケース GZ-X5BPD-493 電源付き5000円
ケースって一番悩むんだよな~
ZALMAN Z9 Plus5000円に、電源ユニット3000円をつけようかな。

CPUSandy Bridgeによるハードウェアエンコードが魅力だな。
まだ出ていないが、Core i5 2390Tが狙い目だろう。
http://img.kakaku.com/images/magazinem/org/kakaku/i20110108/kikaku27_img04l.jpg
しかし、i5 2390Tは個人向け販売を行っていないとの情報もあり、とりあえず、i3 2100Tを購入することにした。省エネ性能とSand Bridgeに期待した格好だが、非力感は否めない。
こういう選択肢を取るというのもたまにはいいだろう。値段も1万円前後と手頃だ。

2011年9月22日 マルティメディアサーバー機 37,661円

ドスパラでさくっと購入。高いけど、PCケースが変更できるのが嬉しい。
あまり期待してなかったが、このCeleron G530ってCPU 市価3700円の割にはいいパフォーマンスをしてるね。

OSOSなし。Windows7購入済。Officeなし
セキュリティ対策マカフィー・インターネットセキュリティ 90日 無料版インストール(「OS なし」でご購入の場合はインストールされません)←Windows Security Essentialsの方がマシでは?と思う。
CPUインテル Celeron G530 (デュアルコア/2.40GHz/L3キャッシュ2MB)。ノーマルCPUファン
メモリ2GB DDR3 SDRAM(PC3-8500/2GBx1)
ハードディスク2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
マザーボードインテル H61 Express チップセット マイクロATXマザーボード (不具合対策済み B3 Stepping チップセット)
グラフィック機能内蔵グラフィックス
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ (ホワイト)
サウンドマザーボード 標準 オンボードHDサウンド
カードリーダーマルチカードリーダー追加
ケースAntec Three Hundred AB ブラック(ATX)
電源350W 静音電源(商品到着後を確認したら、LW-6350H-2だった)
マウス光学式ホイールマウス←本当は光学式は要らないのだが。

2011年11月 DELLが壊れた為、リビルド

三台のパソコンをWindows Home server 2011機、Windows7機2台に組み替え。
DELLは分解し、CPUはソフマップに売却した。9000円で売れた。結構良い値だ。いまや時代はSandy Bridgeだというのに。
3000円のCPUはOffice用途には十分な性能を有している。Server用途には2100Tをそのまま使うこととし、残るメインパソコン用に何を買うかが問題となるわけだが、H67系のMBしかもっていないが、2600Kを買うことにした。理由はIntel® HD Graphics 3000を搭載しているからだ、というより現状最速を味わいたいからだと言える。
せこいことを考えている時間が無駄だから、さっさと買ってしまえば良い。
また初めてSSDを購入することにした。これもタイの洪水の影響でHDDが高騰しているからという理由にかこつけて、最速を味わいたいから実行するものだ。
年末が楽しみになってきた。
Home Serverのウィルス対策が問題だが、久しぶりにAvastを利用する。

ということで、まとめると以下。

  • Intel Core i7 2600K :23000円で新品 22000円で中古品
    Core i7 2600K/3.4GHz/LGA 1155/5GT/s/Sandy Bridge/95W/L2:256KBx4/Intel@HD Graphic 3000 2011年1月頃発売
  • SSD :12000円で120GB A-DATA AS510S3-120GM-C 12,400円 (ポイントで負担0)
    容量120GB、MLC、規格サイズ:2.5インチ、Serial ATA 6Gb/s
    読込速度 550 MB/s、書込速度510MB/s
    そろそろ、SSDもロウテク化しているころだ、問題あるまい。
  • Windows Home Server 2011 計 14,780円
    (1)LGエレクトロニクス WH12LS38K バルク品(保証6ヶ月・ソフト付属) 7,980円
    (2)Microsoft Windows Home Server 2011 日本語版(DSP) 6,800円
    でバンドル。
    悩んだ末だが、ドライブとのバンドルを選んだ。USB3.0とのバンドルを売りにしているSofmapとも悩んだが、MBについてるからなぁ。
  • モニター :

2014年10月 ハードディスクケース購入 ドスパラセレクトDP-9153 15,480 円(税込)

レビュー http://review.dospara.co.jp/archives/51950947.html

ハードディスクも追加。3TB 10,180円 2014年10月4日現在

関連情報

関連ショップ

  • ヤマダ電機
  • 通販 PCダイレクト

リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 04 Oct 2014 17:07:04 JST (1165d)