Top > 読書 > 489308738X

出版社/著者からの内容紹介
二人で気持ちよくなるって、こんなに簡単で素敵なことだった!

AV作品や漫画のテクを鵜呑みにして、誤解だらけのセックスをしている男性が増えています。そんなコト、女性は求めていないのに......それをするなら、こうしてほしいのに......だけど女性は、男性のプライドが傷つくのを慮り、なかなか言葉にできません。カップルで読むのにもぴったりな、今までにないHOW TO SEX本です。口絵イラストは人気漫画家・春輝の描き下ろしです。
内容(「BOOK」データベースより)
女は男を悦ばせたい。男も女をイカせたい。二人で気持ちよくなるって、こんなに簡単で素敵なことだった!ミヒョン先生が完全女性目線でレクチャー。
著者からのコメント
男女ともにパートナーの身体の仕組みをよく知ること、そして正しいテクニックを身につけること------これこそがお互いに対する思いやりの表れであり、それさえあればオーガズムは自然に訪れるのです。そのための確実な方法を一緒に学んでいきましょう。
著者について
宋美玄(そん・みひょん)
1976年兵庫県生まれ。産婦人科専門医。日本性科学界会員。大阪大学医学部を卒業し、産婦人科医となる。川崎医科大学で講師を勤めた後、ロンドンにて胎児超音波の研鑽を積む。現在は国内で、多くの女性の診察にあたる。女性の身体や性生活について、病院を訪れるひとりひとりに教えるだけではなく、病院にまだ来ぬ人に正しい知識を持ってもらいたいと啓蒙活動にも積極的に取り組んでいる。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
宋 美玄
1976年兵庫県生まれ。産婦人科専門医、日本性科学会会員。大阪大学医学部を卒業し産婦人科医となる。川崎医科大学で講師を勤めた後、ロンドンにて胎児超音波の研鑽を積む。現在は国内で、多くの女性の診察にあたる。病院に来る人一人一人に教えるだけではなく、病院にまだ来ぬ人に正しい知識を持ってもらいたいと啓蒙活動にも励む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社/著者からの内容紹介
ベストセラーを記録した『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』がさらにパワーアップ。Gスポットやオーガズムの秘密から、女性ホルモン、男性ホルモンと性欲のあいだにある深い関係まで、医師であり、性科学者の宋美玄先生がわかりやすく解説します。 さらに、セックスレスを防ぐためのコミュニケーション術や、年を重ねても愛しい人と触れ合うための方法など、“上級者”が知りたい心と身体のテクニックが満載の1冊です。特別袋閉じ付録として、春輝氏・挿画付。
著者からのコメント
身体を満たすには、テクニックが必要です。ゴルフでボールを遠くに飛ばしたくても、デタラメなフォームではいつまで経っても目標に届かないように、間違った触れ方では永遠にパートナーをオーガズムに導けません。これと同じように、心を満たすためにも、テクニックを身につけなければなりません。セックスへの誘い方や、それに対する断り方、ベッドの上での対話の仕方、ひいては相手との向き合い方です。身体を愛撫するテクニックが間違っていれば相手を傷つけ、関係にヒビが入ることもあるように、心を満たすためのテクニックもまた、一歩間違えれば相手にとっては凶器になります。
前作の『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』では、年輩----世間では熟年といわれる世代の方々が多くの感想を寄せてくれました。80代の人も珍しくはなく、文面からは「いくつになっても、パートナーとセックスしたい」という素直な気持ちがあふれていて、私自身とても励まされる思いでした。しかし、人間の身体は年齢とともに変化します。熟年世代には明らかなハンデがあり、オーガズムを得るのは相当難しくなるでしょう。 それなのに、これほど多くの方々がセックスを楽しんでいるのは、そこにサティスファクション(満足感)があるからにほかならないと私は思います。これを知っている人だけが、年齢という枠に縛られることなく、いつまでもセックスを楽しめるのだと思います。これこそ、まさにセックスの<上級編>。そんなワンランク上の「本当に気持ちのいいセックス」を体験するためのヒントを、これから一緒に探していきましょう。



リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 11 Feb 2012 01:02:16 JST (2417d)