Top > 読書 > 2011 > 11 > スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術

なんでこれを買ったかって?
ブクマが多かったから。

内容紹介
仕事のスピードを上げるには?

速く処理するための「仕組み」をつくり、その仕組みを回し続ける「やる気」を切らさないこと!

タスクリストや作業記録のとり方、活用法など、具体的なテクニック(仕組みづくり)から、ちょっとした行動の習慣(やる気づくり)まで、仕事のスピードをいきなりアップさせるコツとアイデア(スピードハックス)を盛り沢山に紹介する。

仕事に役立つ便利なデジタルツールとその使い方も満載!
内容(「BOOK」データベースより)
「できる人」に今すぐなれる。仕事を速く処理するコツとアイデアが満載。
カバーの折り返し
仕事のスピードが早い人とは?

仕事の進め方が確立されている人

そうなるためには……

仕事を速く処理するための「仕組み」を作り、

その仕組みを回し続けること

(「スピードハックス」が必要!!)
著者について
大橋悦夫(おおはし えつお)
1974年生まれ。上智大学外国語学部英語学科を卒業後、ソフトウェア技術者、テクニカルライター、専門学校講師などを経て、有限会社サイバーローグ研究所を設立し、仕事を楽しくする「仕組み」の研究に従事。その成果は、ブログ・仕事を楽しくする研究日誌『シゴタノ!』にて公開するほか、各種連載や書籍、セミナーでも解説している。著書に『「手帳ブログ」のススメ』(翔泳社)がある。

佐々木正悟(ささき しょうご)
1973年生まれ。獨協大学外国語学部英語学科を卒業後、ドコモ・サービスに入社。01年に渡米。カンザスシティのアヴィラ大学を卒業後、ネバダ州立大学博士課程にて実験心理学を学ぶ。帰国後、「やる気」や「時間感覚」など、「仕事に役立つ心理学」を探求する心理学ジャーナリストとして、『「ロボット」心理学』(文芸社)、『ライフハックス-鮮やかな仕事術』(毎日コミュニケーションズ)を出版。心理学ブログ「ライフハックス心理学」も運営している。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大橋 悦夫
1974年生まれ。上智大学外国語学部英語学科を卒業後、ソフトウェア技術者、テクニカルライター、専門学校講師などを経て、有限会社サイバーローグ研究所を設立し、仕事を楽しくする「仕組み」の研究に従事。その成果は、ブログ・仕事を楽しくする研究日誌『シゴタノ!』にて公開するほか、各種連載や書籍、セミナーでも解説している

佐々木 正悟
1973年生まれ。獨協大学外国語学部英語学科を卒業後、ドコモ・サービスに入社。01年に渡米。カンザスシティのアヴィラ大学を卒業後、ネバダ州立大学博士課程にて実験心理学を学ぶ。帰国後、「やる気」や「時間感覚」など、「仕事に役立つ心理学」を探求する心理学ジャーナリストとして、『「ロボット」心理学』(文芸社)、『ライフハックス‐鮮やかな仕事術』(毎日コミュニケーションズ)を出版。さらに大橋悦夫氏と、日経ビジネスオンラインで、日刊コラム記事『Life Hacks今日の仕事のコツ』を共同連載中。心理学ブログ「ライフハックス心理学」も運営している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 21 Nov 2011 00:56:25 JST (2432d)