Top > 読書 > 2011 > 10 > 米国公認会計士(CPA)試験テキストAuditing監査

意外とバカにできないものでして、
「どうせこんな知識は受験の時だけだなぁ、、さっさと合格して遊びてぇ!」
と毒付いていましたが、努力は必ずどこかで結実するものでして
現地CPAと監査作業で2週間闘うのですが、
FSの作成やAUDIT対応等、この知識があった為に
英会話を含めて滅茶苦茶威力を発揮しました。

(逆に勉強してなかったらヤバかったです)

そうした意味からも将来実務で活用出来るので、お勧めします。

CPA試験はビジネスに必要なエッセンスを体系的に纏めているので
その他科目のテキストも「全体感を先ず知る」という意味でも有用です。
(BUSINESS LAWやTAXも、言葉を含めてなかなか視野が拡がります)


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 19 Oct 2011 19:37:40 JST (2609d)