Top > 記憶力

Tag: 書籍 ビジネス  

Table of Contents

感想

  • 有名大学に入って入るが、記憶力にはコンプレックスがある。
  • 342円。

内容紹介

記憶はいつでも引き出すことができる!
ベストセラー著者が残した、もうひとつの名著。

100年以上読み継がれてきたベストセラー『集中力』の著者が、本名で書いた14のレッスン。
頭に一度焼きついた記憶というのは、本来なくなることはありません。
記録されたものはすべて存在しつづけ、意志の力でいつでも呼び起こすことができるのです。
記憶のメカニズムをわかりやすく解説しながら、記憶を目覚めさせる具体的な方法を説いた1冊。これで、あなたの頭にも無限の力が宿る!

【目次より】
レッスン1 記憶とは何か?
レッスン2 注意力と集中力
レッスン3 印象が大切な理由
レッスン4 目は心の窓である
レッスン5 耳は目より優れもの
レッスン6 聴覚を鍛えるエクササイズ
レッスン7 関連の法則とは?
レッスン8 印象に関する13の法則
レッスン9 古代の記憶術に迫る
レッスン10 「テン・クエスチョン・システム」   ほか
内容(「BOOK」データベースより)
頭に一度焼きついた記憶は、本来なくなることはない。それどころか、意志の力でいつでも呼び起こすことができる。記憶に残るものは、注意力がサイズを決め、興味が色を決める―そんな記憶のメカニズムがすっきり理解できるとともに、記憶を目覚めさせる14のレッスンで、あなたの頭に無限のパワーが宿る。
著者について
ウィリアム・W・アトキンソン 1862年、アメリカのメリーランド州生まれ。32歳で弁護士のキャリアをスタートさせ、富と名声を手に入れるものの、仕事の重圧から心身を病み、経済的にも破綻する。その後、ニューソート(新思想)運動に傾倒。精神医学や東洋思想、ビジネス、人間関係など幅広いテーマで執筆活動を行い、1932年に亡くなるまでの生涯に100冊以上の著作を上梓する。なかでもセロン・Q・デュモンのペンネームで書いた『The Power of Concentration』(邦訳は『集中力』として小社より刊行)は、一世紀にわたっていまだに読み継がれている。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アトキンソン,ウィリアム・ウォーカー
1862年、アメリカのメリーランド州生まれ。32歳で弁護士のキャリアをスタートさせ、富と名声を手に入れるものの、仕事の重圧から心身を病み、経済的にも破綻する。その後、ニューソート(新思想)運動に傾倒。精神医学や東洋思想、ビジネス、人間関係など幅広いテーマで執筆活動を行い、1932年に亡くなるまでの生涯に100冊以上の著作を上梓する

ハーパー/保子
翻訳者。1955年、大阪に生まれる。関西大学法学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 04 Feb 2014 01:26:16 JST (1629d)