Top > 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

Tag: 書籍 純文学 村上春樹  

Table of Contents

感想

  • 爆笑問題曰くのファッションとして、取り急ぎ読んでおくか。
    しかし、社会人ともなるとそれなりに時間を割くのに、気合を有する。
  • 私は、Amazonで中古で購入しているので、印税収入は村上春樹のところには行かないのが残念だと思うが、電子書籍で多少安く出版すれば、売り切れることも中古で転売されることもなくなるのになと思う。

内容紹介

良いニュースと悪いニュースがある。

多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは……。
内容(「BOOK」データベースより)
良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。

Wikipedia:色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 06 May 2013 22:49:28 JST (2047d)