Top > 私の靴

私の靴歴史
食事でも記録をとっておくだけで、ダイエットできるらしい。こまめな記録は人を整えるのかもしれない。以下は、靴に関する記録を纏めたものだ。

Table of Contents

2015年11月22日 CLARKS ペントンモンク 29160円 → 23,328円 

モンクストラップはビジネスで使える。

[クラークス] CLARKS ペントンモンク 26109778 Chestnut Leather(チェスナットレザー/075)

新品価格
¥29,160から
(2015/11/22 21:51時点)

2015年5月24日Asics walking pedala モンクストラップ 3E

Asicsの革靴。陸上部時代お世話になっていただけに、愛着あるブランド。日本人の靴にあった革靴を作ってくれているのではないか?と期待して購入。
ストレートチップも良いが、Clarcsのものを購入したばかりなので、フォーマルなスタイルにも使えるモンクストラップを選んだ。15%引き。

[アシックスウォーキングぺダラ] asics walking pedala 内羽根 3E ゴアテックス WR610L 90(ブラック/26.5)

新品価格
¥26,676から
(2015/5/24 22:04時点)

[アシックスウォーキングぺダラ] asics walking pedala モンクストラップ 3E WR806L 90(ブラック/24.5)

新品価格
¥26,460から
(2015/5/24 22:06時点)

2015年5月17日Clarks DERRY WORK GTX BLACK LEATHER 25,920円

[クラークス] Clarks DERRY WORK GTX BLACK LEATHER 26107236 Black Leather(ブラックレザー/100)

新品価格
¥25,920から
(2015/5/17 20:57時点)

2015年4月24日

Clarks GLENRISE WALK BLACK LEATHER

2013年9月18日Clarks Euston Walk ¥ 7,438

調子に乗ってカジュアルも一足買う。
いつかワラビー等の代表的なタイプのものも買ってみたいな。

2013年9月18日Clarks Ginsberg Style ¥12,661 ★★★★★ 

やはり浮気はよして、Clarksを買おう。靴は気に入ったブランドのものが良い。

3ヶ月履いてみての感想:
これまでのClarksの中でも軽くて、デザインもフォーマルで一番良い出来。もう一足購入してもいいかもしれん。

2014年11月ぐらい。履きつぶしてきた。軽くて使いやすい靴で満足。

2013年6月23日 アルファキュービック

感想 2013年9月18日 Clarksの方がいいかな。色が自然な茶色ではないのと、履き心地が硬い。

2013年3月31日 アシックス ロードジョグ6 TJG130 3600円 

商品紹介
健康・ダイエットのために運動に取り組みはじめる人へ向けたエントリーモデル。

ブランド紹介
アシックスの名前の由来は、1949年に創業者の故 鬼塚喜八郎が、スポーツを通じて青少年を健全に育成することを願いスポーツシューズの企業を神戸に創業したことに始まります。紀元2世紀の初め、ローマの風刺作家ユベナリスが「もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神があれかし、と祈るべきだ」との名句を残しました。原典では「精神」は「Mens」で表現されていますが、「躍動する精神」という、より動的な意味をもつ「Anima」に置き換え、”Anima Sana In Corpore Sano”とし、創業の精神を基に、この言葉の頭文字をとって社名としました。当社は国内にスポーツ工学研究所を設立し、世界に通用する商品作りをしています当社は、1949年(昭和24年)に鬼塚株式会社として設立いたしましたが、後にオニツカ株式会社と商号変更後し、1977年昭和52年に商号を株式会社アシックスに変更し、スポーツウエア・用具メーカーの株式会社ジィティオおよびスポーツウエアメーカーのジェレンク株式会社と合併し、一躍総合スポーツ用品メーカーとなり現在は国内よりも海外売り上げが多いグローバル企業と成長しました
商品の説明
基本性能に優れたエントリーモデル●かかと部に搭載されたP3クッションが優れたクッション性を発揮。●トラスティックをサイドに巻き上げることで、中足部の剛性がアップ。より快適な走行が可能に。

2013年3月3日 Clarks Glint Up \16,800

商品紹介の通りで、シャープな感じの靴が欲しいが、足幅が広く、ほんとにシャープな靴は履けないという悩みから、本靴を選んだ。結果は今のところ、上々。スタイリッシュなデザインで、且つ履き心地も良いので気に入っている。

商品紹介
シャープなトーシェイプが目を惹く、軽量スマートシューズ。英国らしいクラシックなデザインはフォーマルな着こなしにぴったり。見た目はシャープですが履き心地はゆったりです。

ブランド紹介
クラークスは、1825年にサイラスとジェームスというクラークス兄弟によって設立されました。創業の地はイングランド南西部の小さな町、ストリート。現在もクラークスが本社を置き、近くには以前使われていた刻印ロゴマークの塔があります。以来180年程の歴史を経て、カジュアルシューズの原点とされる世界的ブランドに成長しました。最初の商品は毛付きシープスキンのスリッパでしたが、それが、のちにカジュアルシューズやコンフォートシューズの原点や概念といわれる靴つくりへとつながりました。今やデザートブーツやワラビーはカジュアルシューズの代名詞ともいわれています。常に履きやすさと快適さを追求し続けてきたクラークス社の創業は靴づくりにおける創造と独創の歴史のはじまりなのです。

2013年2月8日 Clarks(クラークス) Dresslite Suit ¥14,280(¥17,850-クーポン¥3,570)

茶系の靴が欲しかったので、購入。
超軽量、かつ耐磨耗性に優れたことで有名な"Fin Prohect社製"のExtra Lightをソールに使用した新製品。その軽さは思わず履いていることを忘れてしまうほど。またソールがもつクッションニング機能が足の負担を軽減しますので長時間の着用も安心

ブランド紹介
クラークスは、1825年にサイラスとジェームスというクラークス兄弟によって設立されました。創業の地はイングランド南西部の小さな町、ストリート。現在もクラークスが本社を置き、近くには以前使われていた刻印ロゴマークの塔があります。以来180年程の歴史を経て、カジュアルシューズの原点とされる世界的ブランドに成長しました、最初の商品は毛付きシープスキンのスリッパでしたが、それが後に、カジュアルシューズやコンフォートシューズの原点や概念といわれる靴つくりへとつながりました。今やデザートブーツやワラビーはカジュアルシューズの代名詞ともいわれています。常に履きやすさと快適さを追求し続けてきたクラークス社の創業は靴づくりにおける創造と独創の歴史のはじまりなのです。
素材: アッパー牛革
ソールEVA
原産国:インド
靴幅: 3E

  • 感想
    履き心地はやや硬い感じだが、軽くだんだん慣れてきている。1ヶ月ほど。見た目はもっさりしていて、超定番という感じだが見方を変えるとおっさん臭い感じでもある。
  • やや硬い感じは最後までのこり、デザインがもっさりしている為、雨の日用の靴という漢字の使い方になった。

2012年12月18日 Clarks Dino Band ¥15,120 ¥25,200

2008年に発売開始されて以来、世界中でロングセラーとなっている「クラークス」を代表するビジネスシューズ。3アイレットのすっきりとしたデザインが魅力。アッパーは美しい光沢を放つ上質なカウレザーを使用。アウトソールはなじみの良い革と滑りにくいラバーのコンビネーション。アクティブエアの機能を持った中敷きを搭載しているので、履き心地は快適です。レースアップは外羽根式なので、足へのフィット感を微調整しやすくなっています。

  • 25000円代とClarksのビジネスシューズの中では、高額な部類で、よりソフトな履き心地が味わえるのではないかと思い、購入することにした。

2012年11月27日 Clarks Feelin Good 13,965円

『フレッシュマンにお薦めのシンプルなビジネスシューズ。アッパーには着用時、快適な柔らかいレザーを採用。ロングノーズでコバが張り出したデザインは足元を綺麗に見せます。』という表現にいささか躊躇を感じたものの(フレッシュマンではないので)、結局Goya Bandにも飽きていたので、こちらを買うことにした。値段もいいし、Javari経由なら更にお得な買い物になるしね。

  • 感想 2012年12月
    Clarksにありがちだったダボッとした感じ(しかし、足幅が広い人には心地よい)が無く、シャープな感じで、その分だけ幾分窮屈だが、それでも履きやすい。見た目はいいし、それなりに気に入っている。
    値段の割にはいい買い物をしたと思う。しかし、二週間後には11000円に下がっていたのはショックだった。
  • 2014年11月 結構いい靴だった。フレッシュマン用と書かれているが、デザインはフォーマルで誰が使っても良い靴なのではないか。2年経って履きつぶしてきた感じがあるが、コスパも良い靴だった。

2012年11月18日 MAGNANNI 型番:71676 BL8 1/2 40,950円

三越銀座にて購入。
足の幅が広いほうなので、ゆったり目で、且つ高級感がありながら、ラバーソールのものを買い求めた処、店員さんからこのマグナーニを勧められた。スタイリッシュなデザインで、且つ履き心地も良かったのと、値段的にもちょっと高級目のものが欲しいものの、10万円とかは出せない財布事情を考えると、まさにちょうどいいものだったので、買ってみることにした。スペイン王室御用達ともあるし、格式ある良い革靴のようだ。

履き心地がすばらしいと賞賛された靴"マグナーニ"。
1954年にスペインのアルマンサで創業し、現在まで3世代に渡って丁寧な靴作りを継承しています。
2001年より製造工程が180にもおよぶ製法の『ポロネーゼ』へシフトした途端、EU各国やアメリカで瞬く間に大成功を収めます。
彼らはポロネーゼ製法のことを「手袋製法」と呼んでいます。
裏革自体を袋状にすることで足を優しく包み込み、軽さとソールの屈曲性に富んだ靴特性を内在しています。
ボロネーゼ製法は裏革の下ごしらいを含めて工程数が多く、綺麗な靴シルエットを保つには難しい製法で、この難しい工程には手作業を増やすことで軽さと底の屈曲性と言う恩恵が得られます。
マグナーニ靴は靴の専門家から『最高級の既製靴を作るシューズファクトリーだ』と言われていますが、使用する素材は全てにグレードが高く、輸入先の国毎の特徴をリサーチして作成するラスト、ハンドフィニッシュによるリアルな色入れ、エレガントなデザイン性など細部に至るまで職人の拘りが光る靴作りを行っております。
周知はされておりませんがマグナーニはブランド名です。
社名は創業当初より変わらぬ靴への深い情熱とブランコファミリーの絆の深さを込めて、創始者で曽祖父にあたる『ブランコ・アルドマール』の名前が今でも工場の表札へ刻まれております。

マグナーニ(Magnanni)とは、スペインの高級紳士靴ブランド。スペイン王室御用達。歴史は、1954年に靴職人のセバスチャン・ブランコ・アルドマール氏が小さな町アラマンサで靴工房を開いたことにはじまる。1956年にはアントニオ・ガルシア・パストル氏を共同経営者に迎え、「ブランコ・イ・ガルシア社」を設立した。当初のオリジナルブランド名は「ブランガル」。その後、セバスチャン氏の息子でシューズデザイナーのパスクァル・ブランコ・マルティネス氏が経営を担うようになると、社名を「マグナーニ社」に改め、同名のブランドをスタート。現在は世界中にグローバル展開している。

良い靴買ったっと思うので、携帯靴べらとシューズキーパーを買う。

→初出動の日は、靴擦れで足がかなりやられた。やはり細い靴は合わないのか・・・試履させてもらった時は、そんなにきにかからなかったのに。。

2011年2月24日Clarks Goya Band

GOYA BANDの【GOYA】はスペインの画家【ゴヤ】からいただきました。 足当りの良いアッパーレザー、履き心地の良いと評判だった木型は名品『GAINSBOROUGH』から踏襲コバを削り込んだシルエットで、ドレスよりのすっきりとした仕上がりにまた中敷にはFlex-Lightを使用することで履き心地はさらにアップ!ドレスは勿論、カジュアルにも使える1足です。

ブランド紹介
クラークスは、1825年にサイラスとジェームスというクラークス兄弟によって設立されました。創業の地はイングランド南西部の小さな町、ストリート。現在もクラークスが本社を置き、近くには以前使われていた刻印ロゴマークの塔があります。以来180年程の歴史を経て、カジュアルシューズの原点とされる世界的ブランドに成長しました、最初の商品は毛付きシープスキンのスリッパでしたが、それが後に、カジュアルシューズやコンフォートシューズの原点や概念といわれる靴つくりへとつながりました。今やデザートブーツやワラビーはカジュアルシューズの代名詞ともいわれています。常に履きやすさと快適さを追求し続けてきたクラークス社の創業は靴づくりにおける創造と独創の歴史のはじまりなのです。

2010年3月20日

カジュアル用としてBURBERRYの靴を買った。
基本的に履きやすくて気に入っているClarksの靴を買うことが多かったが、今回は海浜幕張の三井アウトレットパーク 幕張にて購入。

  • 引用

    コロケロの雑記帳 自分と同じモデルを購入している人のコメントを引用。
    http://blog.livedoor.jp/korokero/archives/51124272.html
    http://image.blog.livedoor.jp/korokero/imgs/e/0/e05aa3c5.jpg
    バーバリーというとイギリスの老舗ブランドだと思う方も多いけど、実は製品の多くを日本の三陽商会がライセンス生産している。ライセンスとは元ブランドに代金を支払って、技術の提供を受けて製品を製造し、ブランドの名前を付けて販売することです。
    バーバリーのシューズは靴の世界では知る人ぞ知る、「大塚製靴」が製造していることから履いてみたいと思った。
    大塚製靴は明治5年創業で日本人のための西洋靴を作り始め、天皇陛下の靴も製造しており、有名な賞も獲得しているというこだわりのメーカーです。

  • レビュー
    2010年3月 買ったばかりでわくわく。若干はきにくいのではないかと心配。
    会社のカジュアルフライデー等にもはいていきたい。

2009年12月1日

  • 2009年11月12日
    久々に靴が買いたくなってきた。以前買った靴もだいぶぼろくなってきたし。マカオで買って以来、気に入っているClarksをネットで探す。
    http://www.clarks.co.jp/common/image/logo.gif
  • 2009年12月1日
    インド・シンガポールに10日間程度の出張したが、その際に起用したのはClarks一足で2008年に買ったものだ。柔らかい革とクッション性の良いソールが履きやすい。Clarksの良さを再認識した結果、既存の広州時代に買った時の靴がぼろぼろになってきているので、買い換えることに決めた。
    Clarksはなかなか日本に店舗がない。店舗に行く時間が省けるし、型さえわかっていれば試し履きする必要もないと思い、Amazonで買うことに。
    自分の型を確認すると「8」と書いているので、
    幅広の靴が良いので、3E 26があるこのオーソドックスな靴を選んだ。
    メーカー型番は、20324611。
  • レビュー
    • 2010年3月
      非常に満足がいく内容。
      軽さと履きやすさ、見た目もそれなりにお洒落で満足中。
    • 2013年3月 お別れ
      好きだったので長く履いていたが、さすがに靴底が破れ始めたので、捨てることにした。思えば3年間の付き合いだったようだが、有難う!

2008年 [クラークス] Clarks GAINSBOROUGH

2008年6月ぐらいに当時彼女とマカオに行った際に、ベネティアンホテルのカジノで1万ドル近く勝った時に、ショッピングモールでかったのがこの靴だと思う。

  • 2010年3月
    非常に満足がいく内容。

手入れ

NHK 革靴のお手入れ 水拭きが意外にも効く

水拭きのあと、自然乾燥させて、リムーバー(クリーナー)で再び洗う。
クリーナーとクリームは(当然かもしれないが、私ははじめよく分かっていなかった)違うもので、M.MOWBRAY ステインリムーバーが定番として使われている。
人気と表示される60milよりも、300mil、500milの方がお得。

方法

http://b.hatena.ne.jp/articles/201003/959
http://www.collonil.jp/index.php

手入れ材

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003AVJZCU/totofundcom-22

シュークリームジャー(黒、茶色等)

ネット等で安定感のある定評のM.Mopbrayで。

M.モゥブレィ M.MOWBRAY  シュークリームジャー

M.モゥブレィ M.MOWBRAY シュークリームジャー

クリーム

2013年10月6日 ミンククリーム amazon人気商品購入

靴用除菌スプレー

スエード用汚れ落とし

シューキーパー

2013年10月12日 Colonil 3300円

シューキーパーは何足分か買ってみたが、Collonilのものがしっかりとして良い。長年使うものなので、3000円程度するが、もとは取れるのではないか?徐々に揃えていきたい。因みに、リンクAmazonなるも、購入先は楽天市場で購入(少し安い)。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001JEJ69W/totofundcom-22

  • コロニル 防水スプレー

2013年10月12日 キャンペーンで20%引きなのでついつい、Mobleyのクリナーセット購入 2400円

関連


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 22 Nov 2015 21:55:31 JST (548d)