Top > 数学的推論が世界を変える

Tag: 書籍 数学 意思決定論  

内容紹介
ITビジネスから金融市場まで、
人はいかにハラを探り合うのか?

数学的推論」とは何か? それは経験則でも山勘でもなく、数理論理学やゲーム理論をベースに次の一手を読む技術。コンピューター同士の推論合戦が本格化しつつある現在、それは巨額の利益とも結びつく一方で、大きなリスクをも引き起こす。日常の行動から経済情勢まで、今世紀をエキサイティングに変える、数学的推論の可能性と限界に迫る。
内容(「BOOK」データベースより)
数学的推論」とは何か。それは経験則でも山勘でもなく、数理論理学やゲーム理論をベースに「相手のハラを探る技術」。人間のみならずコンピューター同士の推論合戦が本格化しつつある現在、それは巨額の利益と結びつく一方で、大きなリスクをも引き起こす。人間の行動から経済情勢まで、今世紀をエキサイティングに変える数学的推論。フォン・ノイマンやゲーデルなどの成果を踏まえ、その可能性と限界に迫る。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小島/寛之
1958年、東京都生まれ。東京大学理学部数学科卒。同大学院経済研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。専攻は数理経済学。現在、帝京大学経済学部経済学科教授。数学エッセイストとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 08 Dec 2012 22:16:49 JST (2049d)