Top > 所有権

所有権・共有の概略

  • 所有権は、法令の制限内において自由に物を使用・収益・処分する権利。
  • 無主物先占は、動産についてのみ認められる。
  • 各共有者は、共有物の全部について使用することができる。
  • 各共有者は、単独で共有物の保存行為をすることができる。
  • 共有物の変更行為、詩余分行為を行うには、共有者全員の同意が必要である。

所有権

所有権の意味所有権は、法令の制限内において自由に物を使用・収益・処分する権利である。ここにいう物とは、原則として独立した物であり、有体物である。不動産(土地・建物)と動産(不動産以外の物)を押さえておけばよい。もっとも、例外的に権利質や地上権の上に設定された抵当権のように権利を対象とする物権もある。物権の中でも、制限物権地上権等の用益物件や抵当権等の担保物権)が、所有権の内容を一定の範囲で一時的に支配する権利であるのに対し、所有権は、物を全面的に支配する権利といえる。

相隣関係相隣関係

隣接する不動産の所有者相互間で、不動産の利用を調製しあう関係であり、一定の範囲で所有権が制限される。

  1. 袋地所有者の囲繞地(いにょうち)通行権袋地(他人の土地に囲まれている土地)であるため、他人の土地を通らなければ公道に出られない場合は、他人の土地を通ることができる。また、必要があるときは自分の費用で通路を作ることもできる。
  2. 隣地使用権とちの所有者が、境界付近で建物や障壁を築いたり、修繕したりする場合は、必要な範囲で隣地の使用を請求することができる。ただし、隣人の承諾がなければ家に入ることはできない。
  3. 自然流水の受認義務土地の高低により隣地より自然に水が流れてくるときは、これを妨げてはならない。
  4. 竹木の枝根の切除に関する権利隣地の竹木の枝が境界を越えた場合は、竹木の所有者に切らせることができる。また、竹木の根が境界を越えたときは承諾を得ずに自ら切ることができる。
  5. 界標設置権土地の所有者は、土地の境界の標識の設置や保存の費用についてはそれぞれ折半する。

共有

  1. 共有の意味数人の者が共同して1つの物を所有することを共有という。各共有者の有する所有の割合のことを持分という。特約など特別の事情がないときは、各共有者の持分の割合は、平等であると推定される。
  2. 共有者の使用各共有者は、共有物の全部につき、その持分に応じた使用をすることができる。例えば、A及びBが別荘を共有する場合(持分は平等)、Aは、持分の割合に応じて、別荘の全部を使用できるのであって、半分しか使用できないわけではない。
  3. 持分の処分各共有者は、自由に自分の持分を譲渡したり、放棄したりすることができる。共有者の一人が持分を放棄したり、相続人なくして死亡したときはその持分は他の共有者に帰属する。
  4. 共有物の保存・管理・変更・処分
    1. 保存行為(修繕、不法占拠者への妨害排除請求、明渡請求等)については、単独で行うことができる。
    2. 管理行為(共有物の賃貸及びその解除、共有物の利用者、期間、回数の決定)などについては、共有者の持分の価格の過半数の賛成で行う。
    3. 変更行為(農地の宅地への変更、山林の伐採、家屋の増築。改築)などや処分行為(共有物の売却及びその解除、共有物の抵当権の設定など)については、共有者全員の同意が必要である。
  5. 共有者の管理費用等各共有者は、その持分に応じて共有物の管理の費用を負担しなければならない。
  6. 共有物の分割各共有者は、原則としていつでも共有物の分割を請求することができる。ただし、5年を越えない範囲内で、共有物の分割をしない旨の特約をすることができる。この場合、分割できない旨の特約を第三者に対抗するには、登記が必要である。

トラックバック用URL http://totofund.com/index.php?tb_id=a82a0a14a3e2cad31a60e66989de17c5

□参考


Tag: 法律
technorati用
technorati用タグ:所有権

SeeAlso:Wikipedia:所有権国語辞典:所有権


コメントを書き込むためには、Hatena で認証をお願いします。


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 04 Dec 2010 22:51:22 JST (2695d)