Top > 小学生から「新聞」を読む子は大きく伸びる!

Tag: 書籍 ★★★ 池上彰  

Table of Contents

感想

タイトル通りかな(2013年3月4日)

内容紹介

国語力はもちろん、あらゆる学力を伸ばすのに最適な教材、それが新聞です。1日10分の習慣で、「読解力」や「語彙力」「考える力」「知識」といった学力の基盤がしっかり身につき、学習効率がぐんぐんアップ!
本書では、小学生のための新聞の読み方も分かりやすく解説しています。親御さんの少しの手助けで、お子さんは自分から意欲的に学んでいきます。ぜひご家庭で試してみてください!
内容(「BOOK」データベースより)
国語力はもちろんあらゆる学力を伸ばす最適な教材。
著者について
池上彰(いけがみ・あきら)

1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、73年NHK入局。
報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当する。1994年から11年間は、NHK「週刊こども
ニュース」でお父さん役を務める。

現在はフリージャーナリストとして多方面で活躍。『14歳からの世界金融危機。』(マガジンハウス)『高校生からわかる「資本論」』(集英社)『日銀を知れば経済がわかる』(平凡社)『池上彰の新聞勉強術』(ダイヤモンド社)など著書多数。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
池上彰
1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、73年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当する。1994年から11年間は、NHK「週刊こどもニュース」でお父さん役を務める。現在はフリージャーナリストとして多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 04 Mar 2013 00:21:17 JST (2030d)