Top > 孫正義名語録

Tag: 書籍 孫正義 人物 名言格言  

内容紹介
「やりましょう」,br>
情報革命の寵児として数々の成功を収めてきたソフトバンク・孫正義社長。
本書は孫正義の経営論や人生の考え方に迫る100の言葉をまとめ、
その経営の極意や成功の秘訣に迫る一冊です。 ソフトバンク社長室長を務め、孫社長を間近で見てきた著者が、
孫正義の名言に秘められた意味を説き明かします!

・7割の成功率が予見できれば事業はやるべきだ。
・迷ったときほど遠くを見よ
・説得するのが一番難しい相手はウソのつけない自分自身です。
・風林火山では足りない。それに海を足さなければならない。
・自分の人生の成り行きを他人のせいにしてはならない。
・公言して達成を目指すほうがリスクは高いが、公言すべきだ。
・やる以上は圧倒的ナンバーワンになること。
出版社からのコメント
ソフトバンク 孫社長の経営論や
人生の考え方に迫る100の言葉を掲載!
・7割の成功率が予見できれば事業はやるべきだ。
・迷ったときほど遠くを見よ。
・説得するのが一番難しい相手はウソをつけない自分自身です。
・風林火山では足りない。それに海を足さなければならない。
・自分の人生の成り行きを他人のせいにしてはならない。
・公言して達成を目指すほうがリスクは高いが、公言するべきだ。
・やる以上は圧倒的ナンバーワンになること。

“はじめに”より抜粋
本書はソフトバンクの創業者である孫正義言葉を集め、そのビジネスの進め方の底流に流れるものを理解してもらうために書かれた。
孫正義がソフトバンクを設立したのは、もはや高度経済成長の終わった1981年のことだ。すでに今日にも通じる日本社会の仕組みは出来上がっている時代だった。
こうした時代背景であっても、孫正義
「デジタル情報革命を通じて人々が知恵と知識を共有することを推進し、企業価値の最大化を実現するとともに、人類と社会に貢献する」
という「志」を持ってソフトバンクを驚異的に成長させてきたのだ。
私は1998年に孫正義の秘書としてソフトバンクに入社した。その後、社長室経営戦略担当、社長室長となり、孫正義の数多くのプロジェクトを支えた。



今日の日本は政治も経済も混迷し、著しい閉塞感に満ち溢れている。大学生、ビジネスマン、経営者も守りに入り、現在の状況をただ守るためだけに汲々としている。
しかし、時代を変えていくために必要とされているのは孫正義の持つような「志」ではないか。
私たち一人ひとりがそれぞれの「志」を持って、小さな変革を起こし、それがやがてつながっていくことでしか日本の閉塞感を打破できないのではないか。
読者の皆さんが、仕事で行き詰ったりしたときに本書を手に取ってもらいたい。孫正義言葉から、その現状を打破するための力やヒントを得ることができるだろう。
今の時代に生きる一般のビジネスマンから経営者まで、さまざまな人と共に孫正義の名言を共有することで、
新しい時代を共に作っていくことができれば、この上なく幸甚と感じている。


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 28 Nov 2012 23:42:36 JST (1974d)