Top > 夢をかなえるゾウ

Tag: 書籍 自己啓発本  

Table of Contents

感想

  • 自己啓発本としては、結構メジャーになっている本。一度は読んでみるかと買ってみたが、読みやすく、あぁなるほどと思える内容が書かれている。

①靴を磨く
②コンビニでお釣りを募金する
③食事を腹八分に抑える
④人が欲しがってるものを先取りする
⑤会った人を笑わせる
⑥トイレ掃除をする
⑦まっすぐ帰宅する
⑧その日頑張れた自分を褒める
⑨一日何かを止めてみる
⑩決めたことを続けるための環境作る
⑪毎朝全身鏡を見て身なりを整える
⑫自分がいちばん得意なこと人に聞く
⑬自分の苦手なことを人に聞く
⑭夢を楽しく想像する
⑮分が良いと口出している
⑯ただでもらう
⑰明日の準備をする
⑱身近にいる1番大事な人を喜ばせる
⑲誰か1人の良いところ見つけて褒める
⑳人の長所を盗む
㉑求人情報誌を見る
㉒お参りに行く
0 23人気店に入り人気の理由を観察する
0 24プレゼントをして驚かせる
0 25やらずに後悔をしていることを今日から始める
0 26サービスをして夢を語る
0 27人の成功サポートする
0 28応募する
30 毎日感謝する

内容紹介

≪174万部のベストセラー待望の文庫化!≫
「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」
ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。
成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。
夢をなくした“僕”と史上最悪の“師匠”が繰り広げる、「笑って」「泣けて」「ためになる」実用エンタテインメント小説。
内容(「BOOK」データベースより)
ダメダメな僕のもとに突然現れた、ゾウの姿をしてなぜか関西弁で話す、とてつもなくうさん臭い神様“ガネーシャ”。聞けば、ナポレオン、孔子、ニュートン、最近ではビル・ゲイツまで、歴史上のキーパーソンは自分が導いたという…。しかし、その教えは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかり。こんなんで僕は成功できるの!?TVドラマ化、アニメ化、舞台化された、ベスト&ロングセラー。過去の偉人の具体例から導き出される、誰にでもできる超実践的な成功習慣を小説に織り込んだ、笑って、泣けて、タメになる、まったく新しいエンターテインメント小説。
著者について
1976年愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。処女作『ウケる技術』(共著)がベストセラーに。他の著書に『雨の日も、晴れ男』がある。(著書『BAD LUCK』を大幅編集・改題したもの) 執筆活動以外にも、「義務教育に恋愛を!」をモットーに老若男女に恋愛を教える「恋愛体育教師・水野愛也」としての著著に『LOVE理論』(大和書房)、講演DVDに『恋愛体育教師水野愛也のスパルタ恋愛塾[ソフト編・ディープ編]』がある。またヒットDVD『温厚な上司の怒らせ方』の企画構成・脚本や、漫画『モーニング(講談社)』 に連載された地球くんの企画・原案を手がける。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
水野/敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。DVD作品『温厚な上司の怒らせ方』(ビクターエンタテインメント)の企画構成・脚本や漫画『地球くん』の企画・原案を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 14 Oct 2013 22:24:50 JST (1807d)