Top > 土地オーナーのための「貸家」経営のすすめ

Tag: 書籍 不動産 不動産経営  

入門書として読んだ。
「老朽住宅」という概念を知り、特に郊外の老朽住宅は貸し出ししにくいという一般論を知った。
郊外の、一戸建てを借りたいニーズを持っているのは、子育て等をしており、広い部屋が必要だが安い家賃を求めている、子育て世帯。

「「変形・狭少の土地活用に・・・老朽アパートの建替えに・・・一戸建て「貸家」が最適!」
「一戸建て「貸家」に需要がある」
「アパートから「貸家」への建て替え」
「オーナーのメリット
 家賃収入が得られる
 土地の有効活用ができる
 狭少・変形土地にも建築可能
 広い土地には美しい街並みを作る
 投資額が少ないためリスクが少ない
 一戸建て「貸家」はメリットが多い
 アパート解体後の空き地に「貸家
 節税ができる
  固定資産税・相続税・所得税が節税になる
 他目的に活用ができる
 住む・贈与・相続・売却ができる
 相続分割・物納ができる
 必要なときに売却ができる」

参考:http://www.sftd.jp/kato/2011/10/post_2519.html


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 31 Mar 2012 21:12:38 JST (2243d)