Top > 伝える力

Tag: 書籍 ★★★ 池上彰  

Table of Contents

内容

分かりやすく説明する事の重要性を説く本
池上彰から言われると、納得感があり、さくっと読めた。中古で100円程度で入手できるので、一読する価値はあるかと。

内容紹介

商談や会議、プレゼンテーションや企画書・報告書の作成、電話
での交渉、メールでの連絡----ビジネスの現場で行なわれている日常業務。仕事
の「できる」「できない」を左右するのは、意外とこうした基礎をしっかりやる
かどうか。それには上司や部下、顧客とのコミュニケーションをいかに円滑にす
るかが鍵を握る。
本書は「話す」「書く」「聞く」の3つの能力の磨き方を紹介。これができる
と自ずと成績・業績に結びつくもの。長年NHKの『週刊こどもニュース』のお父
さん役を務めてきた著者(現在はフリージャーナリストとして独立)ならでは
の極意を伝授する。伝えることの難しさを身をもって経験しているだけに、ビジ
ネスの現場でも十分応用が効く智恵が盛りだくさんである。
相手を惹きつける、ビジネス文書を書く、文章力をアップさせるなど、本書の秘
訣を習得すれば、仕事が楽しく、やりやすくなること間違いなしだ。
内容(「BOOK」データベースより)
仕事のさまざまな場面でコミュニケーション能力は求められる。基本であるにもかかわらず、意外と難しい。相づちを打ったり、返事をしたり、目をジッと見たり、あるいは反対に目をそらしたり…。「伝える」には、「話す」「書く」そして「聞く」能力が必須。それらによって、業績が左右されることも往々にしてある。現代のビジネスパーソンに不可欠な能力といえる「伝える力」をどうやって磨き、高めていったらよいのか。その極意を紹介する。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
池上彰
1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、73年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。94年より11年間NHK『週刊こどもニュース』でお父さん役を務める。05年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 04 Mar 2013 00:12:49 JST (2031d)