Top > リンク
Table of Contents

人物

著名ブロガー

堀江貴文
六本木で働いていた元社長アメブロ:http://ameblo.jp/takapon-jp/
ほりえもん。Livedoorもと社長。携帯で購読しているが、最近はゴルフをよくやっているらしい。ひろゆきとの対談(書籍)等を買って読んでいるが、ほりえもんとの対談はいっそう磨きがかかっていて、面白い。ほりえもんの方が一歩深い感じがして、さすがだなぁと思いました。
田中善一郎
メディア・パブ: http://zen.seesaa.net/
「洗練・秀逸・知性」の漢字で表現。シリコンバレー発の情報とか、インターネットとメディア、ウィキ等のテーマで良く参照させてもらっています。
1968年に大阪大学工学部卒業。同年コンピュータメーカーに入社し、情報通信システムの開発に従事。1974年に日経BP社に入社し、日経エレクトロニクス記者を経て、日経バイト編集長、日経コミュニケーション編集長などを歴任。1997年からインターネット担当役員に。2006年4月に同社を退社。同年7月にグリー監査役に就任。個人的にインターネット業界動向をピックアップし伝えるブログとして「メディア・パブ」を執筆中。
なんというか、50近い方がこれほどまでにネット上の事に関心を持ち、新鮮な情報と観察眼でブログを開設されているとは、本当に驚き。知的向上心と常に新しい動きに関心を持たれていることに非常に敬意を抱きます。小生は一兵卒に過ぎませんが、これからも素晴らしいブログを期待しております。
池田信夫(いけだのぶお)
池田信夫Bloghttp://ikedanobuo.livedoor.biz/
1953年生まれ。NHK、経済産業研究所などを経て、上武大学大学院経営管理研究科教授、SBI大学院大学客員教授。blog「池田信夫 blog」を運営。著書に「希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学」、「なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学」など多数。
D[di:]
作家・イラストレーター。ドニーダーコの解釈小説が好きで、気になっている。危うさ、はかなさを感じさせるイラストは、見るものの興味を引きつける。評価はまだ保留だが、載せている。
http://www.deeth.net/
http://www.deeth.net/top/mainpicture/yunmenonaka.jpg
2000年に処女作『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。
2作目「キぐるみ」発表と共に「ノベルコミック」という、文学スタイルを生み出し話題となる。作品毎に、様々な表現法を用いる独自のスタイルで、次々と作品を世に送り出すミクストアーティスト。小説、イラスト、絵画、音楽、ファッション等、多岐に渡り活動中。
blog::941
櫛井優介 31歳 男性と書いてある。
http://blog.kushii.net/
女性が写真としてよく出てきているから、女性なのかなぁと思っているんだけど、よくわかりません。LiveDoorの人でBlogが面白いのでいつも読ませてもらっています。
極東ブログ
社会派のブログ。
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/
Q 極東ブログとはなにか?
A 個人が書いているただのブログ。「極東ブログ」という言葉に特に深い思い入れがあるわけではない。西洋人たちは日本人のことを世界の端っこにいると今でも思っていやがる、ということをきちんと認識しておこうというくらいの気持ち。

購読検討中

きっこのブログ
http://kikko.cocolog-nifty.com/
雁屋哲
http://kariyatetsu.com/

人物

平松庚三(ひらまつこうぞう)
1946年生まれ。ソニーで13年間勤務した後、アメリカンエキスプレス副社長、IDGコミュニケーションズ社長、AOLジャパン社長などを歴任。 2000年にIntuitジャパンのCEOに就任、2年後MBOにて独立、社名を弥生株式会社に変更、同社代表取締役に就任。2006年、ライブドア社長就任。2008年、小僧com株式会社会長兼社長に就任。
著書に「ボクがライブドアの社長になった理由」。

リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 04 Dec 2010 22:50:50 JST (2447d)