Top > マウス

Tag: アイテム

Table of Contents

マウス概論

早見表

結論は、『USBでレーザー式』か『Bluetoothでレーザー式』を買うのがお勧め。

一つぐらいは、有線マウス(USB接続)を持っておいたほうが無難だ。
理由としては、無線方式は、何かと繋がらなくなるリスクがある為。

有線無線
PS/2USB27MHz無線2.4GHz無線
無線方式(2.4Gh)Bluetooth(2.4Gh)
もう使わ
ない…
有用低価格モデルに多い各社独自規格。
表記が無線方式2.4Ghとか書いてあると、
だいたい独自規格。
Bluetoothとの違いは独自規格か、
共通規格かの違い。
ワイヤレス接続の共通規格。
上位モデルに多い
欠点はBiosレベルではハードウェア
として認識しないこと。
ボール式もう使わない…-----
トラックボール興味無しスマン-----
光学式
(オプティカルと呼ばれる時も)
略もう使わない。
レーザー式に劣る。
---
レーザー式使える。
ガラスの上でも使えるのが特徴。
-◎お勧め!
Bluetoothに比べると多い出ていて安いけど、
汎用性を考えると共通規格のBluetooth
使ったほうがいいと思う。
◎お勧め!
BlueTrack方式Microsoftが青色発光
ダイオードを使って作った奴。
-◎お勧め!◎お勧め!

マウスの種類 2011年2月

■ボール式
マウスが登場した当初は、ボールを転がす「ボール式」が主流だった。ボールが滑らずに回る表面であればどんな場所でも使えたが、机の上のホコリなどを巻き込んで精度が悪くなることが多かった。現在ではかなり減っている方式だろう。
■光学式
底面に赤色LEDの発光器とそれを読み取る受光器を備えることで、マウスの移動量や向き、速度を光学的に読み取る方式のこと。低価格帯のマウスでは主流の方式となっている。ただしガラステーブルや光を反射しやすい面では誤認識が多い。
■レーザー式
センサー用の光源にレーザーを利用することで、光学マウスよりも認識率が高いのが特徴だ。可視光線ではないので、光学式マウスのように机の上が赤く見えるようなことはない。通常のレーザー式よりも精度の高いロジクールの「Darkfield レーザートラッキング」もレーザー光を利用した技術だ。
■BlueTrack方式
マイクロソフトが採用するBlueTrack方式は、レーザーよりも波長の短い青色LEDを利用した方式だ。青色LEDで接地面を照らすことで、光学マウスやレーザーマウスよりも正確なトラッキングが可能になるという。

接続方法の違い

  • 有線(USBやPS/2)と無線(Wireless)の違い
    パソコンとマウスを繋ぐのに、コードがあるかないかの違いだ。(それが定義でもある。)
  • 無線方式とBluetoothの違い
    無線方式は各社の独自方式で、Bluetoothは共通規格。
    メリット:
    Bluetoothは共通形式なので、Buffalloを買おうがロジクールを買おうが、ドングルは一つで済む。また、Bluetooth内蔵PCであれば、特にドングルを追加する必要は無い。
    また、追加でワイヤレスキーボードを買った時も、ヘッドセットを買った場合でも、ドングルを追加する必要はない。
    一方、各社独自方式だと、無線キーボードを新しく追加する場合、その無線方式に対応したドングルが必要になる。
    ちなみにドングルというのは、こういうUSB形式の端子のことをいう。
    http://ec2.images-amazon.com/images/I/312QJ%2BinjzL._SL500_SS100_.jpg
    最近は、Bluetooth内蔵のノートパソコンや、Iphoneも増えているので、新しいデバイスを買うときはBluetoothに統一しておいたほうがいいだろうと思う。
    Bluetooth非内蔵PCでも、レシーバー1つで複数の機器と接続できるようになる。マウスだけでなく、キーボードヘッドホンなど、Bluetooth対応機器ならOKだ。数メートル以上離れても快適に作業できるのもメリットだろう。
    尚、Bluetoothは2.0から3.0と規格が二種類ある。3.0の方が省電力で、電波受信範囲も約10mと広いので、同じ性能なら3.0を選ぶべきだろう。
    デメリット:ペアリングの設定が必要であること。
    ある程度専門的な話になるが、Bluetoothの接続機器はパソコンが分から「ハードウェア」として認識されていない。OSが起動し、Bluetoothドライバが組み込まれて、初めてマウスとして認識される。
    USBケーブル接続マウスや2.4GHz/27MHz帯の無線マウスの場合は、PC起動時のBIOS画面(マウス対応BIOSの場合)やWindowsのセーフモード時でもマウスとして使えるが、Bluetoothマウスの場合はそうならない。ノートPCの場合はタッチパッドがあるので困ることはないだろうが、デスクトップPCの場合はトラブル時に困ることがたまにある。
    しかし、この点は普段は殆ど意識する必要はないだろう。
    ウィンドウズを立ち上げずに、パソコンを使うマニアックな場合には問題が出てくるというレベルだ。

歴代マウス

2013年3月25日 PCリモコン型マウス

2008年12月VGP-BMS33/B

SONY Bluetooth レーザーマウス。デザインはいいし、持ち運びも悪くない。デザインだけではなく、感度が良くて光学式の効かない私の机でも普通に動くのはさすがSony製かといったところ。
Bluetooth内蔵PCなら送信機が必要ないので、Bluetooth対応のマウスはモバイル用途に極めて便利。多機能性はないが、Bluetooth対応であることも考えると優秀なモバイルマウスかなぁ??
不満は?というと、電池が切れることがあるのと、電池を含めた重さが改善余地があるところなんじゃないかと思っている。しかし、現状、Bluetooth対応で、他の選択肢はまだないので、まぁいいかな。

2011年5月14日 BUFFALO レーザー式無線マウス Bluetooth3.0対応

BUFFALO レーザー式無線マウス Bluetooth3.0対応
5ボタン BSMLB04MBK
価格も安いし、レーザー式、Bluetooth対応。
充電式じゃないので、重さが気になる。MX-Rと比べて持った感触は良いのだろうか??
単四電池二本使用。

考えれば考えるほどどれを買えばいいのか難しい。

MX レボリューション MX-R

LOGICOOLの最高傑作。
http://bbs.kakaku.com/bbs/01603011162/#12397035

Bluetooth対応版(キーボードとセット)

2011年10月2日 無線+トラックボールの選択肢 ごろ寝マウス

たぶん使い方を分かっていない人が多いように思うが、これはパソコンをテレビなどに使っている場合でリモコン代わりに使うマウスだ。
欲しいなぁと思っていた所だったが、それなりに安い値段で出てきたので買ってみることにした。評判悪いから、あまり電波がつながらず使い勝手が悪いのかもなぁ・・

参考


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 24 Mar 2013 23:35:46 JST (2009d)