Top > ビジネスで使う英会話
Table of Contents

沈黙

日本人同士とアメリカ人同士の社内会議を比較した研究では、一分あたりの平均沈黙時間が日本人は5.15秒なのに対し、アメリカ人は0.74秒だそうだ(参照ニューズウィーク2008年4月27日号 英語の科学)
西洋人にとって沈黙は敵対的な態度や感受性の鈍さを意味し、とても居心地が悪い。
Criative Speakingというアルクが開発したプログラムでは、キーワードはNever StopとSpead is everythingだそうだ。そこでのトレーニングは、ひたすら会話を広げまくるというものらしい。

こまった質問を受けたら

That's a good question.
Thank you for mentioning that.
Let me defer that question.

意見が固まらないとき

I'm still making up my mind.
I don't have any opinion at this point.
Let me get back to you later on that.

不同意の相づち

Hmm.
I doubt that.
I don't know what you mean.
Really? I'm not sure about that.

聞き取れなかったら

Excuse me?
Pardon me?
Could you repeat that?
Could you say that again?
I'm sorry, but I couldn't follow the last sentence.

Email

担当替え

FYR, pls be kindly informed that P.I.C for XXXXXXX market, including these pending matters, will be changed to the following staff, from myself

	Mr.  
	Mr. 
	Ms. 

I would highly appreciate it if you could kindly give them the same support as you did for me.

初めての相手にメールを送る場合、最初に自己紹介をした方が良い。どこで働いているのか、どんな仕事をしているかなどの情報を書いておく。
次に必要なのは、どうやって相手を知ったかという経緯の説明だ。これで相手は安心してメールの続きを読むことができる。

I was given your name by -
I found your name in the ... directory.

よろしくお願いしますに、相当する表現

I hope to hear from you soon.
とか、
Thank you for your consideration.
Thank you for your prompt attention to this matter.
I look forward to hearing from you soon.

結びの言葉

Yours truly
Sincerelyは、フォーマルな時や知らない相手に適している。
相手をよく知っている場合は、Best RegardsやWarmly等も使える。

感謝の気持ちを伝える。

Thank you very much for
I really appreciate
It was very helpful when you
... was an excellent contribution.
... was very well done.

最後の激励

I appreciate your efforts.
Thanks agaion for doing such an excellent job.
keep up the good work.

用件を示す

I am in receipt of ...
We have just completed our review of

I have identified the following issues;
There seem tobe some discrepancies;

締め切りを示す

I would like to recieve ... by ....
I need these back from you by ...
Please get these to me before ... .

アポ取り

Making an appointment to visit your ...

I would like to set up a time to ...
If you have time, I'd like to try to get together.
I am hoping that you are available to meet.

Please let me know when might be convinient for you ...
when would you prefer to meet?
is there a time that would be better for you?
what would be the best time for you to meet?

afternoons would be best for me.
if possible, if I would prefer meeting in the morning.
Generally, late afternoon is the best time for me.
If Monday is available for you, that would be my first choice.

アドバイスをする。

感謝を伝える。

We very much appreciate your group's effort on it.
Your work is really helping us.
We thank you for your hard work on this.
We are grateful to your group.

考慮を促す

We very much hope that you will consider this suggestion.
Please give this some thought.
I would appreciate your thinking about this.
Would you be able to include this change in the next up2009-12-19

お詫び

謝る

I am very sorry ...
I am soory for the trouble and thank you for your patience.
I apologize for this problem.
Please accept our sincere apologies.

対策を伝える。

I am sending you a replacement product by airmail today.
Please return the product and we will repair it for you.
Please check to make sure that the red switch is in the ON position if you are still having problems, let me know again.

今後のサポートを通知

Pkease let me know if there is any other way I can be of assistance.

If ther is anything else you need, please let me know.
Please contact us again if there is anything we can do for you.
Please do not hesitate to contact us if you need anything else.

会話のちょっとした言い換え

So-so(まあまあです)

ビジネス場面でも、まずは相手に How are you? や How is business? と「ご機嫌いかが?」程度の会話から始まります。何度か会って気のおけない関係になったときに「ぼちぼちです」感覚で so-so を使う方が多いですが、ネイティブにそのような返答をする方は皆無です。まずは前向きに、 Great! などと返答するのがいいでしょう。

A:How are you today?
B:Great! How are you?
とても元気です。お元気ですか?

Introduce(紹介する)

ビジネスの場面では「紹介」を使うシーンも多くあります。そこで「○○さんから紹介されてやってきました」と言うときに、introduced me to you はちょっとイメージの違うものになります。Introduceには「その場に第三者がいて挨拶をしているイメージ」になるので、ここは refer を使ってみましょう。

Mr Smith referred me to you.
スミスさんの紹介でご連絡しています。

Pardon?(はい?)

相手の言ったことが聞き取れないことはよくあること。もちろん Pardon でも良いのですが、話の流れを壊したくないときに「聞き取れなかった」と言わずに、同じ文脈を話てもらうには You mean...?を使うとスマートです。「というと?」という感じで、例えや言い方を変えて説明してくれるはずです。

You mean...?
とおっしゃいますと……?

What's your problem?(なんか文句あんのか?)

ビジネスの場面でも「問題点」を聞き出すことはよくあること。しかしそこで What's your problem? では周囲の人まで気まずいくらいに驚いてしまいます。「何が問題ですか?」という意味ではなく、「なんか文句あんの?」と言った意味合いになるからです。ここは Problem ではなく issue(課題) がいいでしょう。

What is the issue?
何が問題でしょうか?

Nice.(たいしたことないですね)

nice は言い方によっては「たいしたことないと思っている」と相手に誤解されるニュアンスを含んでいます。本当に良い!と思うのであれば、 Great!Fantastic!Excellent!など、大げさなくらいの表現を使ってみましょう。

That is outstanding!
すばらしいですね!

Interesting.(面白い、本当は面白くないけど)

この単語を相手に言われても、相手は実は面白いとは全然思っていません。 むしろ、ちょっと変でばかげているけど露骨には表現できない、そんなときに使われます。本当に面白い!と思ってこの単語を使うときは、顔の表情やジェスチャーを大げさに前向きな感じで表現しましょう。

Wow!That is so interesting.
ワオ!それはすごく面白い。

Sending gifts(贈り物)

最後は英単語ではなく、態度(行為)です。贈り物は、お中元やお歳暮など日本では大切な慣習のひとつですが、外資系企業や海外企業で同じことをすると「賄賂」と受け取られることがあります。海外で働く場合、上司に贈り物をしていい組織でない限り、おみやげなどもあまり渡さない方がいいでしょう。

アドバイスを貰う

Could I get your advice on how to present this information?

Tag: ビジネス 英語


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 12 Apr 2012 17:06:32 JST (2433d)