Top > もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

Tag: 書籍 ビジネス  

Wikipedia:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

思ったよりもずっと良かった。ブックオフで350円と安くなっていたから購入してみたが、(他のは850円程度)、青春サクセスストーリーが、なぜ成功したかを、努力と根性ではなくて、マネジメントの視点から書いてあり、新鮮な面白さがあった。

  1. 顧客の定義
  2. 顧客の望んでいるものを掴むこと≒マーケティング
  3. 真摯さ

の重要さを再認識した。
マネジメントの面白さ、なぜビジネスという学科がアメリカには存在するのか、等がよくわかってきた。

・派生的な感想
漫画を読んでいると、なぜ主人公が勝つ(成功する)のか、明確な背景がわからない時がある。主人公だから勝つ、とか精神的に勝っていたとか、そういった理由付けがなされる時も多い気がする。
日本人は漫画を読むことが多いから、漫画が日本の特に若い層に与える影響が大きいと思うのだが、こうした成功に結びつく原因が不明確なファンタジーばかり読んでいると、現実と読書体験のギャップに苦しむことになるのではないか?
漫画は堅苦しいものではないが、こうした理論的背景を持った内容で以って、成功事例を漫画でも学ばせるようにすることがよりよい社会に必要なのではないか?となぜか、思った。

続いて、ドラッカーのマネジメントを読んでみるか。


リロード     ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 10 Mar 2012 21:28:02 JST (2441d)